変化してきている名刺の保管の方法とは

名刺イメージ

ビジネスということを考えると、名刺というものはなくてはならないものであるといえるでしょう。
名前があり会社名が入っていますので、必要とあればいつでも連絡することができるだけではなく、あった時のことなどをメモしておくことで、いつでもその状況を思い出すことができます。

その数だけ、営業してきたあかしでもありますし、人と会った証でもあるわけです。
これを大事に保管しておかなければいけないのですが、この方法もいくつか存在するのです。

名刺は一括で管理することが望ましいといえます。
特に、裏面にメモを入れる人の場合、個人情報も書き込まれていくことになりますので、バラバラに管理するのではなく、集中的に保管していかなければいけません。
枚数があまり増えないような職種の場合、クリアファイルタイプのケースを用意するといいでしょう。
簡単に表裏を見ることができますので、情報として活用しやすくなります。

お勧めのSHOP

最短即日出荷OK!名刺作成と印刷はページ上で思い通りのデザインが簡単に作成できるスピード名刺館に!
ハンコヤドットコムグループ会員ならポイント使用可能。
さらに溜まったポイントはTポイントやamazonギフトに振り替可能!
名刺作成・名刺印刷のスピード名刺館【即日発送OK!!】

ですが、とかく増えやすい営業職の場合、大量に保管することになるでしょう。
これも財産ではありますが、保管方法を誤れば、ただの紙の束であり、情報を埋もれさせるだけになってしまいます。
そこで、オンライン管理する方法も出てきています。
携帯のカメラやスキャナーを使ってデータ化し、パソコンやクラウドシステムで管理する方法になります。

こうすることで、データとして一元管理が容易になりますし、車内での共用データとすることもでき、情報資産として運用できるようにもなるのです。

ページの先頭へ